キャリア展開に悩んだアパレル時代

前職はアパレルの販売員をしていました。振り返ってみると、
転職はしたものの、販売員の仕事は充実していたと思います。
もともと洋服が好きで、高校は被服科、そのあと進学したのも服飾系の専門学校で、
アパレル業界には学生時代から憧れていました。
また、好きなブランドの運営企業に入社することもできて、
仕事への意欲は人一倍強かったですね。

「いちファン」だった自分が、少しずつスキルを得て、
「プロの販売員」に成長していくのが何よりの喜びでした。
でも、入社して3年目のころ、同期や年次の近い先輩が、
どんどん退社していくのに不安を抱きました。

辞めていく同僚たちに聞くと、「キャリアの先が見えない」というのが最も多い理由。
確かにその企業は、ブランド展開や店舗数が多い分、
本社部門へのキャリアルートが限られていました。
「転職したほうがいいのかな?」と思いはじめたキッカケですね。

求人広告に「本当のこと」が書いてそうだった

その後、働きながら転職活動をはじめて、数社から内定をいただいたのですが、
入社には至りませんでした。どの企業も、
求人広告や面接内容から社内の雰囲気が伝わってこなくて、
「入社後、本当にやっていけるのかな?」という不安が拭えなかったんですね。

そんなとき、登録していた転職サイトから当社のスカウトメールが届きました。
求人広告の会社ということもあり、掲載されている求人情報がきめ細やかで
「本当のことが書いてそうだな…」と興味を持ちました (笑)
それに、一次面接で社長自ら「会社説明会」をしてくださると書かれていて、
躊躇なく応募できました。
事前に社内の雰囲気が分かるならぜひ受けてみたい!と思ったんです。

距離の近い職場、サポートしてくれる社風

内定の連絡をいただいたときは、すぐに承諾のお返事をしました。
面接の日に受けた「会社説明会」で、設立の経緯や事業展開、
社員旅行のスナップ写真までご紹介いただいていたので、
入社に際する不安はだいぶ解消されました。

私が現在所属しているのは「営業部第3課」。
この課はメンバーが全員女性で、指導役をしてくれた主任は、
私と同じ元アパレル販売員です。
また、その方も営業職未経験での入社だったということもあり、
似たような経験をしている分、仕事やプライベートの悩みも
気兼ねなく相談できて、居心地良く働けています。

また、他部署のメンバーとも距離が近いのが当社の特徴かもしれません。
ありのままの「わたし」を評価して、サポートしてくれる方々ばかりで、
入社前の好印象は間違ってなかったのだなと日々実感しています。

トップへ戻る